カテゴリ:おうち・こども( 12 )

ちょっとした悩み事

f0252707_121822.jpg

リラックマがすご~く好きというわけではないんだけど、
このマグカップをLAWSONの店頭で見たとき、
どっしりした感じがいいなあと思って、
あまりそんな小まめなことはしない私としては珍しく、
LAWSONのスイーツについてたピンクのシールを、
ちまちまと集めだしたのでした。

でも、やはりそんなにたまらなくて、
キャンペーン期間も終わりかけ、
あきらめモード。

そしたら長女が、
友だちやバイトの同僚のシールまで集めてきてくれて、
締め切り間際に、めでたくゲット~(^-^)v

うーうれしい。

ところがところが。
何度も使わないうち、
七時のニュースに登場したのがこのマグカップ!
なんと、製造不良のため全品回収!

代わりの品に取り替えてくれるっていうんだけどさ、
長女が苦労して集めてくれたシールのことを思うと、
どうしようかなあ。

鉛筆たてにでもして取っておこうかなあ。

どうしようかなあ。悩む悩む。むむむ……。
[PR]
by coboredane | 2013-12-08 11:56 | おうち・こども

バカンス in 沖縄

f0252707_13244916.jpg

沖縄にいま~す♪






なんてブログに書ける日が、いつか来るんだろうか??????


沖縄のかわいいやどかり君を手に乗せているのは
もちろん長女@高校修学旅行ナウ。
f0252707_13305172.jpg

ホテルの部屋のベランダから、プライベートビーチを望む。
こんなバカンスが彼ら(高2)に必要なのか?????


ちなみに、ヤドカリ君には、
このあと手をはさまれたそうだ。うしし。ざまあみろ。

しかし、倍返しにはほど遠いと思われたので、
黒柴さくらの思い切りかわいい写真をたくさん送りつけ、
ホームシックにさせてやりました。いひひ。

私は出版社のHPにのせるショートストーリーの締め切りが迫り、
30度の室内でお仕事。
I need vacance.give me vacance.

え?沖縄も30度?
くそ、意地でもエアコン入れないぞ~!
[PR]
by coboredane | 2013-10-11 13:42 | おうち・こども

2014年の手帳、editが届いた♪

2014年の手帳が届きました。
新しい手帳は気持ちいいね。なんだかわくわくします。
どんな一年になるかな。


今年もmarksのedit
もう三年目。すっかりなじんで、他はあまり考えられない。

去年まで唯一の欠点が、紙の薄さでした。(太いペンだと書いた字が裏移りする)
でも、「今年はそこを改良したよ」とサイトで読んで、届くのがとっても楽しみでした。

で、届いた実物は、
f0252707_170455.jpg
下が、今使ってる2013年のedit。
で、上が、届いたばかりの2014年のedit。

たしかにしっかりした紙になりましたが、手帳の厚さは変わらない。よかったよかった。
書いた文字も裏移りしにくい。
色味もやや違うね。

ちょっとうれしかったのは、角がね、ほら、わかるかな。
去年まで直角だった角を落として、2014年のはちょっと丸くなってる。
これはいいぞ。

在宅で、ひとりで書き仕事している私にとっては、
手帳って、
時間や仕事の進み具合を管理してくれる「マネージャー」であり、
つまらない愚痴をきいてくれる「相方」であり、
ささいなことでもgoodjob!とほめてくれる、「心優しきパートナー」。
夜ご飯のレシピの相談もする。
もちろん、子ども達のありとあらゆる予定もここで一括管理せねば、
もう頭はぐちゃぐちゃに。

だから、手帳選びって、私にとってかなり大切なのですが、
(長年、紆余曲折してきた)
この数年は、editのおかげで手帳選びに時間と労力を奪われることがありません。

edit相手に、「ひとり戦略会議」をひらいたり。
「ひとり反省会」も、editとする。

edit、ありがとうね。来年もがんばろうね。

いい年になりますように。(…って、どう考えても早いし)

――――――

ハウルくんがまだ見つかっていません。
f0252707_1733512.png



お心当たりのかた、連絡よろしくお願いします。
絶対戻ってくると信じてるからね。
[PR]
by coboredane | 2013-10-07 17:37 | おうち・こども

「仕事がぁぁぁ……」

書き仕事を仕上げ、メールに添付して編集さんに送ると、
二三週間して、紙に印刷した「ゲラ」が戻ってくる。
これが初校の「ゲラ」です。
再校もあるので、
二回手を入れる機会があるというわけ。

でも私の場合、書く途中でもちょくちょく原稿を編集さんに送りつけて読んでもらい、
いろいろ検討しながら書き進めているので、
ゲラになって戻った段階では、もうあまり大きな修正はない。
主人公の女の子のせりふをもうちょっと女の子らしくするかどうか、とか。
今週中に編集さんに返したい。

せまい家の中で、二部屋エアコンをつけたくない主婦心。
リビングで片付けようと思ったのが、
甘かった。

今日から、三男坊がオフ(部活が休み)
なので、先日録画した「ラピュタ」をみるという。
オーノー。
子ども達がそれぞれ手のあいたときにちょこちょこ再生してみるもんだから
私もう何回目?

特に三男坊の視聴はうるさい。(彼は小さいころから質問魔
「コオニってなに。高二?」「ちゃうちゃう。小さい鬼でしょ」
「じゃゴウギってなに。そりゃあゴウギだってどういう意味」「…」
「トクムの青二才って?」「…」
「ゴリアテって?」「…」

めんどくさい。

そして紫目がねのおじさんのせりふはとりあえずすべてリピート。

「目がぁぁぁ…」

そしてようやくラピュタ終了。
「腹減った、なんかない?」
f0252707_15285497.jpg
よつばバターのおいしさに頼った30分でできる天板ケーキ。

「仕事がぁぁぁ」

課題だった主人公の女の子のせりふも、
なんだかラピュタの女の子みたいになっちゃって、やり直し。
ああ、けちらずに二階の部屋でエアコンつけて仕事すればよかったと思う午後四時。

え?明日から甲子園みるの?
Oh no……

――――――

ひきつづきハウルくんの情報を求めています。
よろしくお願いいたします。

ハウル君、どこにいるのかなあ…
[PR]
by coboredane | 2013-08-07 16:09 | おうち・こども

夕暮れ時に、懐かしく思ったこと。

「ピンポーン」
あら誰でしょう。
「あのぉ~、○○ですけど」
ああ、ご近所ビーグルのブッキーくんのお姉ちゃん。
「さくらちゃんいるぅ?」
「いるよ~」
「あそぼぉ~♪」

おお、なんかすごく懐かしいぞこの感じ。

夕方の散歩がまだだったこともあり、
黒柴さくらを連れて外へ。
あれ?ブッキー君がいない。
「ブッキー君は?」
「おうちー♪」

一緒にお散歩しに来たんじゃなくて、
ほんとにさくらと遊ぶために来てくれたらしい。

遊んでると、近所の子どもたちも集まってきて、
f0252707_13521528.jpg

黒柴さくら、いいオモチャにされるの図(  ̄▽ ̄)
く、首が……(汗)ぐふっ……

そんなこんなしてるうち、子どもたちのお母さんたちもやれやれって感じで出てきて、
(わかるわかる)
スッピンでサンダル履きのまま、
子どもたちを見守りつつ、
あれこれおしゃべり。
子ども会のこと、犬のワクチンのこと、中二女子の携帯事情、こないだはきれいなバラをありがとうございました、いえいえ蟻がついてたそうでごめんねー……

おお、なんかめちゃくちゃ懐かしいぞこの感じ。


子どもたちがさくらにようやく飽きたので、
バイバイしてさくらとお散歩に。


ちょっと前まで「やれやれまたか~」と思ってたことが、
今日はすごく懐かしく思える。

てことは、
今日の「やれやれまたか~」
も、
けっこう近いうち、
「懐かしい感じ」になるにちがいない。


今日の「やれやれまたか~」を、
せいぜい楽しむとしよう。
[PR]
by coboredane | 2013-05-31 13:52 | おうち・こども

天板で焼くチョコココアオートミールおからのケーキ(orクッキーと呼ぶのか?)

f0252707_16423793.jpg

オーブンを180度にセット。

大きめなボウルに、
レンジでちょっとだけ柔らかくしたマーガリン40グラム、
お砂糖お好み(今日は50グラム)を入れてフォークですりまぜ、
卵一個投入、
牛乳大さじ2入れて、
フォークをゴムベラに持ちかえ、
小麦粉90グラム
ベーキングパウダー小さじに半分……

(とここまできたところでベーキングパウダーがないことに気づき、かわりに重曹投入(^_^;))

ココア大さじ2
オートミール大さじ2
乾燥おから大さじ2

粉っぽくなくなったら天板に広げ、
刻んだ板チョコを好きなだけ散らし、

オーブン下の段で180度で15分くらい焼いて、
大皿で切り分けて召し上がれ♪

子どもたちがもっと甘さを欲しがると思ったら、
焼き上がってから粉砂糖をふる。
昔は「ゆきみたいー♪」と喜んでくれたものだが、
今では腹の足しでしかない。

(おからやオートミールは腹持ちがいい)

さあ中学生、中間テストがんばりたまえ~(^-^)v
[PR]
by coboredane | 2013-05-29 16:11 | おうち・こども

机の上にiPhoneを立て、YouTubeで数学

子どもが何かに興味を持ったら、一緒に付き合ってあげたい。
あれこれ付き合ってきた。 恐竜の名前も一緒に覚えた、鍵盤のおけいこもした。水族館もサファリも通った。 自転車の後ろも押したし、キャッチボールもした。たどたどしくも、私なりに頑張って付き合ってきた。
たが、限界。
す、数学、わからん!付き合えない!

そしたら、今はYouTubeってものがあるんだね。
いろんな先生方が、方程式でも図形でも、なんでも上手に教えてくれる。数学に目がない三男坊はもう夢中。いやぁ良かった良かった。ほっ(*^^*)

またこれがほんとに便利で、
(ちょっと待って先生!)と一時停止押せば、嫌な顔せずにいつまでも待っててくれるし、
(えー今のわかんない)と巻き戻せば、何回でも嫌な顔せずに教えてくれる。

ただ、YouTubeを見るiPhoneが、机の上でうまく立たない~と困っていたので、
空き箱で、さくっとiPhone立てを作ってあげた。
f0252707_20542468.jpg

f0252707_2057576.jpg

がんばれ子どもたち(^-^)v
母にできるのは、もうこんなことくらいさ。
[PR]
by coboredane | 2013-05-26 20:27 | おうち・こども

西伊豆、桜葉もち♪

f0252707_963327.jpg

昨日のだんなさんの「ちょうか」。

「お母さんお母さん、「ちょうか」って?」
「釣りの「釣」に、成果の「果」と書いて、ちょうかと読みます」
「ふーん」

西伊豆の「釣果」、絶品です。
私はこの西伊豆の桜葉が大好き。

ちなみに桜葉ってほとんど西伊豆で生産してるそうだ。
松崎っていういい町があってね。
子どもたち連れてよくキャンプしたものです。

これこれそこの子どもたち、葉っぱ剥いちゃダメよー。
桜葉は美味しい。 かといって、中身のない桜葉だけは食べたくないの。
そこのところ誤解のないよう、ヨロシクお願いします子どもたち。

ああ、やまめイワナはまた次の機会に(^-^ゞ
[PR]
by coboredane | 2013-05-19 09:04 | おうち・こども

黒柴さくら、草食系…?

f0252707_20415611.jpgお散歩コースの梅林にて。

私はもちろん、
今を盛りと咲き誇る梅ばかり
鑑賞しているのだけど、
黒柴さくら、足元でなにやらいそがしい。

ふがふがと地面をかぎまわり、
鳥さんが落とした梅の花など見向きもせずに、
青々した若芽の先端を食す。

草食。
牧場の牛さん状態。

幸いというか、悲しいことに、
この梅林はもうほとんど
放置状態なので、
農薬などの心配はないのだが。

ビタミン不足?
野菜不足?
人参スティックが大スキなんだけどなあ。


f0252707_216146.jpg


だが、このお嬢、性格は草食系じゃない。
男の人、だ~いすき。
生協の個配のお兄さん、宅急便のお兄さん、
ガス点検にきたおじさん、リフォームのセールスマン、
初対面のひとに、
この笑顔でもって
愛らしくじゃれついていき
かたっぱしから、見事に落としてみせる。
おぬし、やるのう(汗)

りっぱな番犬には永遠になれそうもない、
八方美人犬さくらでございます。


                         「どーでもいいから、はやくぼーるなげてくれる?」
 
[PR]
by coboredane | 2013-03-02 21:22 | おうち・こども

もっとも悲しいお通夜

学ラン姿の、にこやかな遺影でした。



すべての参列者の焼香が終わったあと、
棺のふたがあけられ
「希望される人は、お顔をみて、最後のお別れを――」
と、葬祭場のひとが声をかけた。

と、
それまでじっと座っていた高校生たちが、
一斉に立ち上がり、
動き出した。
棺の中の友人に花をそえ、手を合わせる。

二百人近い高校生たちが、別れを告げる。
さまざまな制服がまじっている。中学のときの友人だ。

男の子も、女の子も、
なすすべがない。泣くしかない。

でも、
そうやって別れを告げたはずなのに、
その場をなかなか離れがたい高校生たちが、
泣きはらした目で、ひとの流れが途絶えたのを見て、
もういちど、棺に歩み寄っていく。

そして、誰にも教えられたわけでもないのに、
棺のそばのおとうさんとおかあさんに、
自己紹介をしはじめた。

すると、
おかあさんはハンカチで涙をふきながら、
うんうんとうなづく。

棺のまわりに、また高校生たちが集まる。

それをみた長女たちも、もういちど「お花をあげたい」という。

私はもうこれ以上泣いたら帰りの運転に自信がないので
その場で待つことに。

みていたら、
長女たちも、おとうさんとおかあさんに自己紹介。

ふたことみことことばをかわして、長女たち、号泣。

 ――――――

バイクの事故で亡くなったN先輩は、長女の剣道の一こ上の先輩で
同じ個人塾に通ってもいた。

棺のかたわらで、長女の友達がおかあさんに自己紹介したら、
「○○ちゃん?(塾でのあだな)」
と、おかあさんに聞き返されたのだ。


塾でのあだな。

きっとN先輩が、
塾の様子を、おかあさんに話していたんだろうな。
なごやかで暖かい食卓の一シーンが、目に浮かぶよう。

もう、けして戻らない。




花で美しく飾られた祭壇をみながら、腹立たしくてならなかった。

いかん。

こんなことは、ぜったいあっちゃいかん。



逝ってはならない。

私よりも若い人が、
突然、逝ったりしてはなりません。
[PR]
by coboredane | 2013-03-01 23:15 | おうち・こども