人気ブログランキング |

「野放し」 つる薔薇ニュードーン

f0252707_11141469.jpg

次男が小学校中学校時代の話をするとき、必ずいう。

 「だっておれ、野放しだったからね」

感情分析:四割…それでもこんなに立派に育ったおれは偉い(自慢)
       三割…いやあのころは楽しかった(楽しい記憶)
       残り三割…事情はわかるが、
     もうちょっと面倒みてくれてもよかったんではないかそこのおかあさん

このつるバラ「ニュードーン」の写真を撮りながら思った。
ああ、野放しだ…こいつも野放し…うちの子だからしょうがないとはいえ…

こっちに枝をのばしてほしいなあ、と親がよくばるほうにはのびない。
とんでもない方向にぐんぐんのびていく。
あんまりきつく「誘引」するのはかわいそうなので
ゆるくすると、見てない間にはずしてのびのび。

教科書通りにあんまりばっさり剪定すると、いじけて病気になったりする。

見かけはいい。ご近所にも「きれいね~」とほめてもらえる。
だが、
あっちにもこっちにも花びらを脱ぎ散らかして、後始末がたいへん。

多少日光が足りなくても大丈夫。(このラティスは北西に向いてる)
でもごほうび大好き。おいしいものには目がない。

f0252707_11151847.jpg
まさにうちのこ。
なにからなにまでうちの子ですな。

バラはこの子だけ。この子だけでもう十分…(^0^;)
by coboredane | 2013-05-23 11:10 | お庭から 初夏
<< 二回目収穫♪ こぼれだねのちび芽が >>